本当に感謝している北九州のママ活

彼女の祖母が彼女の古き良き思い出について話しているのを見たのは久しぶりです。

彼女は言った、「私のおばあちゃんは本当に素晴らしいです。

 

https://www.nikukai.jp/fukuoka-mamakatsu/#heading3

彼女は世界中の人々に知ってもらいたかった」と語った。

彼女は一瞬鼻で笑っていた。

皆に感謝します。

どうもありがとうございます

たった今!北九州のママ活

いやいやいや

使用場所が間違っているw

雨上がりといえば?

北九州のママ活振り返りです!

特に昨日のように大雨が降った後、大きな水たまりがあったので、仕事の終わりにその場所に行きました。

場所は未舗装の農道です。

車が通り過ぎると、どうしても轍ができて、かなりでこぼこです。

しかし、その轍のおかげで、このような反射の写真を撮ることができました。

したがって、アリやナシと言えば…

アリです。

たった今!

日中はかなり雨が降っていたので、大丈夫だと思ったら、

風が強く、アスファルトはあっという間に乾きました。

家に帰る途中でくしゃみと鼻水。

目のかゆみは後で発生する可能性があります。

家で何度か顔や目を洗っても、目のかゆみは治りにくいです。

ですから、さすがに花粉飛散量の現場に行ってみると、この地域で最高レベルの花粉量でした。

北九州のママ活雨上がりは大丈夫だとは思いませんでした。 …。

長い間人々とのコミュニケーションの手段としての国です

「和歌」というものがあります

短いフレーズ57577で

詩を作ってコミュニケーションの手段として使う

つまり、「言霊」となる魂でいっぱいです。

その力を発揮すると考えられてきました

これは神々との交流にも使われ、「献身の歌」も演奏されました。

有名な詩人には、小野小町や和泉式部などがあります。

北九州のママ活小野小町には「花の色がもろくていたずら好きで、幽霊のように振る舞う」という有名な歌があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です