生活手段として夜の世界で働くセフレ

セフレは話すときは礼儀正しい人です…彼がよく言われたのは彼の外見のせいだと思います(^-^;
でも音楽をやったことを後悔していません
当時の生活手段として夜の世界で働くことは、自分の好きなことをすることの代償だったと思います。
セフレによって異なりますが、その仕事をすると冷たくなりますロマンスのように(^-^;
ただ、結果は何にでも後付けになると思いますので、リスクやコストは考えない方がいいと思います。
やってみないと始まらない
良いことも悪いこともあるのかしら(セフレ
会社で捨てられないという言葉を聞いて、つぶやいて全部書けなかったので、日記に書きました…

その言葉が何なのかわからない〜給料がもらえるように就職中…さて、いつものように上司や助手と一緒に仕事に来たときの意味がわかりません。部下である店員のバカバカです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です