一緒にいた時間が嬉しかったセフレ

一緒にいた時間が嬉しかったので

「あなたはいつもあなたの携帯電話の歴史のトップにいますあなたの名前
セフレは自分ではやらないことにしたが結局のところ
気が付いたら、セフレボタンを押して自分の声を聞きたい
孤独を埋めたい…優しさに触れたい…

セフレにすらなれない女の特徴

私はあなたを今嫌いなら私はあなたが快適になれると確信しています
嫌いではないのは辛いです…でも嫌いにはなりたくないのですが…
もう2人はもういないほうがいいですか。 「

“愛してる、愛してるよ”。 “愛してる。”
私たちには不可能なことを知っている2人の敵だけ
答えはありませんが、セフレに任せてください
それがいつまで続くのかわかりません…「でも……」

さようならさようならさようならさようなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です